クラミジア検査は病院でないと受けられない?

性行為感染症のひとつであるクラミジアは、日本では10代後半から20代にかけての年齢で、性行為経験がある人たちの感染者数が最も多いという報告がなされています。
大切な事は、早期に発見して治療を早く開始することが大事になります。
普段とは違い気になることがありましたら、医療機関を受診してクラミジア検査を受けられるのがいいでしょう。
このクラミジア検査は、医療機関で行っているところもありますが、自治体にある保健所などでも受けることができますので、問い合わせられてはいかがでしょう。
最近では、自宅でクラミジア検査を受けることも可能となっています。
医療機関の場合には、男性ですと泌尿器科や性病科、女性の場合には婦人科や性病科などへ足を運んで、専門医の診療を受けてクラミジア検査を行うのがいいでしょう。
男性と女性とでは症状に違いがみられて、クラミジアに感染していることに気づきにくいといわれています。
普段とは明らかに違う症状に気づいたなら、医療機関でクラミジア検査を受けることが大切になります。
男性では、初尿を検査したり、女性では子宮頸管からの分泌物を採取して行われます。
さらには、咽頭に違和感がある場合には、咽頭周辺をうがい液などで検査したりするようです。
また、病院に行くことに抵抗がある方や、自覚症状が感じられない方などは、自宅で簡単にできるクラミジア検査キットを提供しているところがありますので、こちらを使用されるのもいいでしょう。
このクラミジア検査キットは、男性は尿を採取して、女性は膣分泌液を採取するものがあります。
症状を感じられて心配な方は、早めに医療機関を訪れて専門医の診療を受けられるのがいいでしょう。

■こちらの医薬品は、クラミジアにも効果的ですので、感染が分かったら早めに対処しましょう
ミノサイクリン
■自宅で出来るクラミジア検査キットを提供しているところはこちらです
クラミジア検査してる?
■性行為感染症はクラミジア以外にもたくさんあります、病気にあった医薬品を服用しましょう
ノルフロキサシンは感染症に効果的