パートナーにもクラミジア検査を

クラミジアは感染力が強い病気です。不特定多数の人と性行為を行うことで感染したり、風俗店でうつされたりすることもあり、自覚症状がないため知らぬ間にパートナーに感染させてしまっている可能性があります。
クラミジアに感染した場合、男性の場合は5割、女性の場合は8割の方が気が付きません。
症状が出たとしても、女性は生理不順かな、と感じる程度ですし、男性の場合もおしっこが出にくいと感じる程度です。
女性の方が感染する可能性が高いですが、これは女性の体のつくりに関係しています。
女性の膣内は子どもを宿すため、精液がでにくい構造になっており、若い女性の方は、子宮頸部の面積が大きいです。
感染した人と性交渉をすることにより、長い間精液にさらされるので、感染率が高くなってしまうのです。
なお、クラミジアは感染力が強いですが、人間の細胞内でしか生きることができないので、お風呂やトイレ、コップやタオルの使い回し、空気などによる感染はありません。
そのため避妊具をしっかりと使用すれば感染を防ぐことはできます。
クラミジアは女性にとって将来不妊の可能性が高くなる病気です。
感染すると子宮頸管で炎症が起き、その後子宮内に入り込みます。そのまま放置してしまうと、更に卵管、腹腔内へと感染が広がっていき、子宮内膜炎、骨盤腹腔炎、子宮付属炎になる危険性があります。
ひどい場合には肝臓にまで達することがあり、肝周囲炎を引き起こすことがあります。
妊娠している場合は産道を通じて産まれてきた赤ちゃんに影響が出ます。
赤ちゃんの場合新生児結膜炎や肺炎を引き起こす可能性があり、肺炎がひどくなると生命にも危険が及びます。
このように、クラミジアは怖い病気です。
自分が感染している時はパートナーも感染している可能性が高いので、クラミジア検査を一緒に行うようにします。