20代はクラミジア検査を、ばいどく発見も

今の世の中戦前と違って自由に恋愛できるようになりました。戦前は決められた人と結婚するといったことがたくさんあったようですが、現在はそのようなことはなく自分が好きになった人と付き合うことができるようになりました。それはそれでよい時代なのですが、それによって10代や20代の若者の間で性病が流行ってきているようです。性病の種類はいくつかあり、主なものでエイズ、クラミジア、淋病、ばいどくといったものがあります。このなかでも特にクラミジアに感染してしまう若者が多いです。
クラミジアとはクラミジアトラコマティスという細菌によって感染する病気のことです。日本で一番感染者数の多い性病です。コンドームなしのセックスで感染することが多いのですが、オーラルセックスなどでも感染することがあります。特に現在はセックスのしかたも多様化してきているので、もし心当たりのある人はクラミジア検査をしておいたほうがいいでしょう。クラミジア検査は、病院や保健所などでもできますが、もっと簡単にしたいのであればインターネットの検査キットでもできます。病院だと発見されれば、その場ですぐに治療してくれますが、カルテに名前が残ってしまうので完全に匿名というわけにはいきません。保健所なら匿名で検査を受けることができますが、結果を聞くために再度保健所を訪れなくてはなりません。インターネットの検査なら秘密も守れますし、結果は郵送で送られてくるので手間がかかりません。最近ではクラミジア検査をしたらばいどくが見つかったというケースもあるようです。ばいどくは戦前からあった性病で、戦後は良い治療法ができたため下火になってきましたが、また若者の間で増えてきているようです。なのでクラミジア検査はしておいたほうがいいでしょう。