AEDは会社でも用意したほうがよいか

AEDは近年公共施設などによく常備しており、様々な場面で活躍するものとなっていますが、会社で常備するところはまだまだ少ないのが実態です。その理由はほとんど利用する機会がないことや、ほとんどの会社では産業医等が常駐しており、緊急時にはその対応を行うことができると言う意味から設置をしていないところが多いのが実態です。しかしAEDを利用する場面は社内の従業員だけではなく、近隣の人々やたまたま通り掛かった人が何らかの体の異常をきたし重篤な状態となってしまうことも多いものです。そのような時にAEDがあると救助をすることができる確率が高くなるばかりでなく、周辺の人々に安心感を与えることもできるので、会社にとっても大きなメリットとなることが少なくありません。

AEDを会社で設置するには経済的負担が伴うため、いつ使用するかわからないものにお金をかけることができないと言う経営者も多いものですが、会社の存在意義は単に従業員の雇用や社会にとって有効な製品やサービスを生み出すと言うだけではなく、様々な周辺地域への福利厚生面での貢献も重要なものとなっています。そのため、いざと言う時に使用することができるAEDの設置は非常に社会的意義の高いものと考えられます。そのため、誰でも使用できる場所に設置をすることが望ましく、また企業価値を高める意味でも非常に有効な方法となっているため、積極的に設置をすることが望ましいと考えられるものです。AEDの会社のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です