AEDの機能を知って積極的に活用する

AEDは、心臓が細動で血液を送れない状態になったときに、電気ショックで正常な状態に戻す機器です。このAEDの機能を使えば、電気ショックで除細動をすることができます。心臓が血液を全身に送れなくなると、1分経過するごとに7~10%助かる確率が下がると言われ、できるだけ早くこの機器を使用することが大切です。使用する必要がわかっていても、使ったことがない人は、使用をためらうかもしれませんが、初めての人でも使えるような工夫がされています。

まず蓋を開けたら電源を入れますが、蓋を開けるだけで電源が入るタイプもあるので、電源が入ったかを確認しましょう。電源を入れると音声やランプなどで手順を誘導してくれます。また、電極パットにはイラストが描かれ、どの部位にどのように張るのかもわかりやすいです。液晶画面が設置され、音声だけでなく液晶画面で使い方を教えてくれるタイプもあります。

大人と子供では使い方も異なりますが、切り替えスイッチだけでどちらにも対応できるタイプもあり、このタイプなら手軽に切り替えることが可能です。このAEDには、心電図を解析する機能があり、電極を正しくつけるだけで、心電図で使用する必要があるかないかを判断してくれます。除細動が必要なら、ショックが必要だと知らせ、必要なければ不要だと知らせてくれます。そのため、意識がないとき、呼吸がないときは、まずこの医療機器を使って除細動が必要かを確認することが大切です。

必要と判断されると、電気を流すボタンを押すだけで除細動をおこなうことができます。その他にも、日々のチェックがしやすいように、バッテリの量や電極パットが正常かどうかなどを知らせてくれる診断パネルなどの機能も完備されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です