AEDの機能とその特徴

AEDの代表的な機能は、心臓に電気ショックを与えて正常な動きをするのを助けるものです。何らかの原因により、心肺が停止したり不整脈で意識を失った方に救急車が到着するまでに、AEDは応急処置が可能な装置になります。駅や学校商業施設にAEDは設置されており、ある程度の知識があると一般の方が心臓マッサージの機能をこの装置で行えるのが特徴です。心肺停止をしてから救急車が到着するまでの間に、呼吸を確認したりAEDで心肺停止をした方の心肺の蘇生を行うのが主な機能になります。

専門のスタッフが到着するまでに、これらの応急処置ができているかどうかが生死を決める場合があるので、近くにAEDがあれば利用するのは良い方法です。この装置は、電源を入れるとガイダンスが流れどのように操作するかわかりやすくつくられてます。パルスチェッカーがついているので、使用するかどうかの目安になるので安心です。この装置を使用するかどうか不安がある場合は、最初にパルスチェッカーで脈を確認しアナウンスで機械を使うかどうか判断できるようになっています。

この装置は、一般の方が簡単に心肺の蘇生処置ができるようにその使い方の講習会があり、多くの方が利用できるのが特徴です。ガイダンスが流れるので、初めて使用する方でもおちついて捜査をする事で人命を救う事が出来るようになっています。公共施設に設置してある場合が多く、急な心臓発作などで倒れた方を救う事が出来る機能があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です