肩こりと頭痛は内科で相談を

頭痛で内科を受診することがあっても、肩こりがひどいときは、マッサージにいくものです。肩がこったら内科に行くのは珍しく、整体などに行くこともあります。でも頭痛と肩こりは関連していることがあるので、内科での受診は無駄にはならないでしょう。現代人にとって肩こりは、慢性的に感じやすいものであり、長いお付き合いになることが多いです。

ですが肩こりは巡りが悪くなっているので、体調にも良いはずがありません。全身にマイナスの影響を与えることさえありますから、肩こりはそのままにはしないで、解消をしないとなりません。肩こりが激しくなると、頭の筋肉への連鎖反応が起こります。これが肩こりを原因に引き起こる頭痛の症状です。

目頭が重くなったり、日中にひどい眠気にお障れることもあります。偏頭痛と勘違いすることもありますが緊張型の頭の痛みというのは、目覚めてすぐに感じることもあります。鎮痛剤は効きにくいために、抗不安剤や筋肉の弛緩剤を併用したりすることもあります。肩こりはめまいを引き起こすことがあります。

肩に存在する筋肉と行くのは、背中やバストにもつながりますから、背中とか胸の筋肉がこることで、胸の筋肉には圧迫感を感じます。肩こりは自律神経を乱すこともあります。のぼせや動悸、のぼせなどの症状や、メンタル的に落ち込むこともあります。肩こりは甘く見てはいけない症状なのです。

必要に応じて内科などで、治療になる内服などの処方もあります。AEDの会社のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です