乾燥肌は皮膚科で相談を

乾燥肌でお悩みを抱えている人は、皮膚科で肌の乾燥をドクターに相談しましょう。毎日のように、化粧水と乳液でお手入れをしているのに、お肌が乾燥してしまうのは、本人にとっても辛いものです。こうした日々の保湿のスキンケアをしていても、毎年のように乾燥肌を繰り返してしまうのは、スキンケアがいけないのかと疑問にも思うでしょう。そのまま高価なブランド化粧品を購入していても、乾燥肌はあまり改善しないこともあります。

それにスキンケアをしているつもりが、もしかしたら皮膚を痛めつめるようなケアになっていては、余計にお肌には負担となります。ですから乾燥肌を繰り返しているならば、皮膚科での相談がいいのです。皮膚科のドクターは、皮膚に関してのプロフェッショナルです。高級ブランド化粧品の化粧部員は、化粧品には詳しくても、皮膚の医学的なことは知りません。

皮膚を本当に健康な状態にしていくなら、皮膚科のドクターに助けを求めたほうが、根本からの改善になります。乾燥肌を繰り返してしまうのは、皮膚のバリア機能が壊れてしまっているためです。一見すると正常に見える皮膚ですが、拡大したら乾燥肌は、皮膚のバリア機能が壊れてしまって、スカスカな状態になっています。でも正常な皮膚は、角質層の形状も整っています。

皮膚科ではこうした丁寧な説明とともに、その人の皮膚の改善に適した、医薬品の保湿剤などの商法をしてくれます。ゆっくりと保湿と修復を行い、健康な素肌へと変わっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です