子育て中の腱鞘炎 原因と対処法は?

子育て中のママは手の腱鞘炎になってしまいがちです。これは赤ちゃんのお世話をするために手や手首に負担がかかってしまうことが原因だと言われており、なかなか治らないという人も多くいます。腱鞘炎は使いすぎで炎症が起こっているもののため、手を使わないようにすることで症状が改善していくのですが、赤ちゃんのお世話をしなければいけないママにとって、手を使わないようにするということはとても難しいものです。放置しておくと症状が悪化してしまう可能性もあるため、たかが腱鞘炎だと思わずに対策をとることが大切です。

自分でできる対策としては、腱鞘炎用のサポーターがドラッグストアなどで販売されていますので、それを利用する方法です。なるべく手首や指を動かさないように固定することができますので、症状が軽度の場合にはこれだけでだんだんと症状が軽減してくることもあります。しかし重度になってしまったり、サポーターでは症状が改善しないという場合には病院で治療を受けた方が早く症状が軽減します。病院での治療は初期の場合には炎症を抑えるための湿布などを使ったり、慢性化している場合には温めることで症状の軽減を行って行きます。

痛みを早く取りたいという場合には、炎症が起こっている部分にステロイド注射を行うという治療法もあります。しかしステロイド注射は母乳を通じて赤ちゃんに成分が移行する可能性がありますので、1~2日ほどの断乳を行わなければいけなくなります。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です