腱鞘炎の色々な治療方法

腱鞘炎は手首や親指の付け根、また肘がひどく痛むという症状です。手を安静にしていれば痛みは引きます。ですが、仕事や家事をすると、またひどく痛みます。文字が書けなかったり、例えば物を取り出せなかったり、ふたが開けられなかったりします。

指が伸ばせない、手を動かせない、手が曲がらないというケースも多いです。指や手を動かそうとすると激痛が走ることもあります。パキンと音が鳴ることもあります。この腱鞘炎は治療することができます。

文字が書けない、物を取り出せない、またスマホの操作ができないなど、日常生活に支障が出る腱鞘炎は放って置かずにちゃんと治療しましょう。放置しているうちに、気付けば反対側の手まで腱鞘炎になっていたという事態が起こらないようにしましょう。治療を受けるために病院へ行くと、注射を打ってもらえたり、湿布を貼ってもらえたり、サポーターを付けることをすすめられたりします。患部のマッサージの仕方を教えてくれたりもします。

患部を温めると良いことなども教えてくれるでしょう。その処置で良くならない場合、手術になります。また、症状をすぐに改善したいという人の中に、手術を希望する人もいます。手術についてはリスクもほとんどないものです。

最後に腱鞘炎の種類に関しては、手首の腱鞘に炎症が生じるもの、曲げた指が引っかかる、指を伸ばそうとするとバネが伸びるような動きをするものがあります。いずれの場合も治療は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です