腱鞘炎の症状と治療法について

関節を動かすのに必要不可欠な存在といえる部分が筋肉です。そして、その筋肉の力を手足の先にまでに伝えるために大事な存在が腱です。腱はひも状になっており腱鞘というトンネルの中を通っています。腱鞘炎とは、この腱と腱鞘の間に起きた炎症のことを指します。

腱鞘炎になる原因としては、腕などを長時間労働や演奏などといった動作などによって休ませずに酷使し続けた結果起きやすくなります。また、運動不足になっている場合においても起きやすい傾向がありますので適度に日ごろから動かす習慣をつけておくことが求められます。腱鞘炎の症状としては、強い痛みが走るようになります。指や腕などの部位で酷使し続けたときに起こりがちです。

軽度であれば、動作をしているときにだけ痛みを感じますが重症の場合には安静にしていても痛みを感じる場合が多いです。治療法については、まずは安静にしておくことが第一となります。軽度であればそのまま様子を見ておけば治ることも多いですが、重症の場合は少し動かしただけでも痛みを感じるようになるためむやみに動かさないように副木や装具を使用して患部を固定するケースもあります。痛み止めや湿布などの薬を使った保存療法が主流となっています。

手術をするまでひどくなるケースはあまりありませんが、保存療法が無効を判断された場合には手術療法を用いることもあります。主に、この場合は腱鞘炎を起こしている腱鞘を切開して原因となっている部分を除去するなどの治療を行います。手術といっても、手術内容自体は簡単にできる場合が多く日帰りで済むケースが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です