スマートフォンで腱鞘炎になることをご存知でしょうか

現代では一人に一台のスマートフォンが当たり前の時代になってきました。特に若い世代ではスマホ依存なんて言葉が出るぐらい依存している人が増えているようです。スマートフォンを長時間使用していると手首や指が痛いと感じたことがある人も多いのではないでしょうか。もしかしたら腱鞘炎になっているかもしれません。

腱鞘炎というのは、腕や手にある腱と腱鞘という部位が炎症を起こしている状態のことを指します。何らかの要因によって、腱が腱鞘と擦れてしまい、痛みが出てしまう症状を腱鞘炎と言うのです。基本的には腕や指などを酷使することによって生じることが多いのですが、スマートフォンの長期使用によっても同じ状態を引き起こしてしまうことがあるのです。その理由は、親指付近の手首にあります。

基本的にスマートフォンを持つ際には片手で持つことが多いですよね。片手で持って親指で操作をするという人も多いでしょう。これが手首に負担をかけてしまうのです。さほど重くない物を持っているのにと思うでしょうが、実際には相当な負荷がかかってしまうのです。

スマートフォンだけではなくパソコンのマウスなども同様に手首に対して負荷がかかっていることがあります。現代人にとっては当たり前のツールではありますが、長時間の使用や頻回な使用は腱鞘炎を発症させることがあるということを理解しましょう。スマートフォンやマウスを使用後はストレッチをするなどして予防していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です