会社ではAEDのリース利用が多い理由

大きな施設や商業施設では、いざという時の対策の1つとしてAEDの設置をよく見かけるようになっています。心肺停止などの緊急事態であっても、AEDでは適切に処置を行う事が可能です。そのため助かる命を的確に助ける事ができ、音声ガイダンスなどがあるタイプであれば安心して利用する事も出来ます。設置場所は施設など多くの人が集まる場所だけでなく、社員を多く抱える企業にとっても設置が増えてきています。

では実際に会社でAEDを設置する場合ですが、購入よりもリースが選ばれる場合が多いです。理由として購入の場合はメンテナンスなども含めて、企業側が行う必要があります。その点リースでの利用であればリース会社側のメンテナンスも含めた費用を月額費用で支払うので、いつでも利用できる状態をキープした状態で設置できるというのは大きなポイントの1つです。またリースの場合は長期契約できるので、3年から8年と長い期間を想定しての利用が出来ます。

定期的なメンテナンスとして電池の交換だけでなく、消耗品なども交換も行ってもらえるので安心です。企業にとって購入したうえでの的的なメンテナンスやチェックにかかる負担や費用なども、リースで補う事が出来るという点は大きなポイントとなります。様々な種類があるからこそ使いやすい物や搭載されている機能などを比べる事で、最終的に将来購入するAEDの種類を決める上で比較できるというのもメリットといえます。AEDのリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です