AEDリースのメリットとデメリットを知る

AEDのリースを考えているけれども、本当に良いのか心配な人も多いかもしれません。このような場合にはメリットやデメリットを把握して、本当に良いのかどうかを確認する必要があります。そもそもリースとはどのような方法なのかというと、自分が購入したいものを販売会社からリース会社が購入して、その後その企業と賃貸する取引のことを指しています。AEDの場合には初期費用だけを借りるファイナンスと、定期的なメンテナンス料金を含んでいるメンテナンスの二つの種類に分けられます。

ファイナンスとはAEDの本体一式の初期費用のみのことを指しています。コスト面には強いかもしれませんが、サービス面ではやや劣ると言えるでしょう。もう一方のメンテナンスとは、のちのちにかかってくる消耗品である電極パッドやバッテリーなどを含んでいるもので、サービス面は強いもののコストが高くなる傾向が強いです。リースと似ている言葉としてレンタルがありますが、これは販売会社が直接購入者に賃貸するものを指します。

レンタルの場合には販売店が代金を分割で回収していくことになる為、仕入れ代や費用を回収できないリスクがつきまといます。そのようなことから比較的高額となるでしょう。その点リースの場合には業者が一括で販売会社に料金を支払ってくれることから、販売会社にコストのリスクはないのです。ただ価格や契約期間満了後の更新費なども自由に設定できる特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です