AEDの価格以上に気になる事とは?

AEDを導入している施設は今とても多いですし、今後もどんどん増えてくることが予想されます。心肺蘇生のために使う機器ですが、心臓マッサージと人工呼吸だけでは十分ではありあせんし、AEDを組み合わせる事でさらに蘇生率も高くなります。救急車が到着するまでに上手く使うことが出来れば、メリットは非常に大きいです。学校や公共施設や商業施設、また工場にも設置されているところが多いですが最近では一般マンションでの設置も増えています。

導入する際には管理組合で話し合って価格なども考慮して決めるということがあるかもしれませんが、管理会社がすすめてレンタルリースという事で価格もあらかじめ決められているというケースもあります。管理会社が絡んでくる場合は、提携している会社も決められていたりすることも多いので価格もあまり比較が出来ません。AEDは購入して設置すればよいというわけではありません。そこにはメンテナンス費用が含まれていないからです。

当然購入して設置しただけではメンテナンスも各自で依頼することになりますし、定期的に行う必要がある部品交換の手配もし化ければなりません。それを考えた時には、メンテナンスもしてもらうことが出来る業者からレンタルリースをすれば、一括して任せることが出来ますのでとても便利です。つまり価格だけでは決められないということになるでしょう。サービス内容なども比較した上で決める事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です