看護師が夜勤でも働きやすい環境

今は病院では看護師不足が指摘されています。総合病院では入院病棟を持っているために夜勤が必要になり、日勤と夜勤のシフト制での勤務により生活リズムが崩れて体調を悪くしたり、また既婚者もそのような生活を続けていけないという現実があります。そのために資格を持っているものの、実際にその資格を活用できていない人も多く、資格取得者が多いものの実際に働いている人はそれ以下という状況が続いています。そのような現状から最近では看護師の勤務時間を限定したり、短時間の勤務者を募集している病院も多く、雇用形態も正職員だけではなく、アルバイトとして募集しているところも多いです。

勤務時間を限定するということは、日勤と夜勤を明確に区分してそれぞれの専門の看護師を雇用することで、生活リズムを一定にして働きやすい環境を整えることに主眼においた対応です。また短時間の勤務者を募集することで、家庭に入った後でも子供が家にいない時間帯等に看護師の資格を活かして働くことを可能にした勤務体制を整えて、潜在的な資格者を活かす方法です。これからも介護分野でも必要とされている資格のために、人材確保のための競争が激化することが予想されます。そのために病院も介護施設も、他よりも働きやすい環境を提供して他との差別化を図っています。

そのため最近では託児所等を併設した病院も出てきて、子育て世代でも働ける環境を提供しているところも出てきています。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です