男性看護師を夜勤専門とする働き方

総合病院の多くは、看護師の勤務体制は日勤と夜勤をシフトを組んで働かせる形が一般的です。しかしそのような働き方をしていると生活が不規則になり心身ともに重労働になります。そのために最近では夜勤専門の看護師を手当している病院も増えてきています。一定の生活リズムを保持できるために働く上で不眠になったりすることもなく生活することができます。

夜勤の看護師の多くはアルバイト等で手当てするケースが多くありますが、なかなか人材を確保することができないために給与面で正社員並みにしているところもあり、また昨今、男性の看護師も増えてきたことから男性の夜勤として勤務するケースも増えてきています。夜勤の場合には日勤よりも少ない人数で対応する必要があるために、体力がある男性が担当していた方が何かと便利なケースも多いのは事実です。それを専門におこなうことで、ある程度の給与も保証されていることから生活して養っていくことも可能になっています。男性の場合には結婚しても家庭に入るケースは少ないために、継続して勤務してもらうことが可能ですし、女性の場合のように出産等による退職や休職の心配もないことから長い間働いてもらうことが可能になります。

しかしそのような境遇にある病院は多いために、職場環境を競合する病院よりも良くして、条件面でも上回るものを提示して人材を確保する動きもあるために、より働きやすい条件を提示して長い間勤務してもらう努力を続けていくことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です